ニキビ跡があっても脱毛できる? | よくある質問

ニキビ跡があっても脱毛できる?

ひげ脱毛は、痛みを抑えたフラッシュ脱毛やレーザー脱毛なども浸透していますが、
まったくゼロというわけではありません。

そのため、ニキビ跡がある方は、状態によっては断られるケースもあるようです。
ニキビ跡と脱毛、一見関係ないように見えますが、実は大アリ。

サロンで行うフラッシュ脱毛や、医療機関で行う医療レーザー脱毛は、光を照射して、
毛根細胞にダメージを与えるものです。

メラニンという色素に反応して作用する特殊な光線を使用しています。
メラニン色素で思い出してほしいのですが、ニキビ跡にもメラニン色素が存在しますよね。

赤みや茶色っぽい部分は、メラニン色素のしわざです。
メラニンは、肌を刺激から守るために生成されます。

ですから、もともとは大切な肌のガード機能を持っているのですが、
この働きがひげ脱毛ではマイナスに動いてしまうのです。

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の光を肌に照射すると、
メラニン部分、つまりニキビ跡に集中してしまい、やけどやかぶれなどの症状を引き起こす危険性があります。

こうした危険を回避するために、ニキビ跡の症状によっては、断られてしまうのですね。
保護テープを使用して、ニキビ跡をかばいながら施術を進めることもあります。

これは、ニキビ跡の範囲が狭い方に限り、有効です。
広範囲のニキビ跡では、保護した部分の脱毛ができず、あまり意味がありません。

光脱毛が難しいなら、針を使用するニードル脱毛なら大丈夫でしょうか?
実はニードル脱毛も、ニキビ跡部分は処理することができません。

光脱毛に比べ、刺激も強いため、ニキビ跡のなどのトラブルを抱えた肌にはおススメできません。

ニキビ跡がある方は、脱毛の前に、治療に専念しましょう。
皮膚科に通うのもいいですね。

サロンでも、美肌コースを設けているところがありますので、
事前にカウンセリング等で相談してみましょう。

ニキビ跡のケアを焦るあまり、ピーリングを繰り返す方もいらっしゃいますが、
これも考えもの。

ピーリング自体、刺激が強いため、繰り返すのは肌に良くありません。
やはり、サロンやクリニックで相談したうえで、ニキビ跡のケアから脱毛へ進める方が安全です。